解決の方法

当弁護士事務所では、慰謝料支払義務が発生するのか十分に検討し、慰謝料が発生するとしても適切な金額で早期かつ円満に解決できるようサポートさせていただきます。

訴訟になっている場合と訴訟になる前の段階で、対応の方法は変わってきます。

また、いずれの場合にも慰謝料の相場を知っておくことは大切になります。

 

以下のページをご参考にしてください。

 

訴訟対応

ご本人で訴訟に対応する場合、裁判所への出廷、書面の作成などの現実的な負担もありますが、きちんとした主張をしないと相手方の主張が認められてしまい,過大な支払をしなければならない可能性も出てきます。

その都度弁護士に相談する方法もありますが、訴訟になった場合には弁護士と「委任契約」を結び、手続を弁護士に任せてしまうことをお勧めします

任意(訴訟外)交渉

訴訟前の段階であれば、お互いが譲歩することにより、早期・円満に解決できる可能性が高いといえます。

交際相手との関係等によっては、交渉に注意を要するケースもあります。

特に、当事者の職場が同じであったり、共通の知人等がいる場合には、周囲も含めた対応が必要になってきます。

また、相手方に弁護士がついている場合には、法的知識を補う必要も高いでしょう。

慰謝料の相場

慰謝料の相場は、それぞれのご事情によって大きく変わってきます。

慰謝料を決定する様々な要因を検討しなければなりません。

交際に至る経緯、交際の状況、期間、会う頻度、相手方の生活状況、交際相手の生活状況などはもちろんですが、事案ごとに全く気にしていなかったことが慰謝料に大きく影響を与えることもあります。