札幌の慰謝料に強い弁護士にご相談を。

 

慰謝料請求された場合のご相談は

以下の無料相談フォームからお申し込みください。(パソコンのアドレスからメール受信可能な設定にしてください。)

当ホームページは弁護士法人高須法律事務所(札幌弁護士会所属)が運営しています。

メモ: * は入力必須項目です

※お急ぎの場合や最初からご来所相談をご希望される場合には、当弁護士事務所までお電話ください。

(TEL 011-522-9950)

不貞行為(不倫・浮気等)の慰謝料請求をされたら

札幌で不倫・浮気の慰謝料に強い弁護士に相談するなら。
札幌で不倫・浮気の慰謝料に強い弁護士に相談するなら。

慰謝料を請求されたケースに特化。

プライバシーを固く守ります。

経済的な負担はもちろん、精神的な負担を軽減します。

札幌の弁護士が面談し、ゆっくりお話をうかがいます。

最初から最後まで、弁護士が直接対応いたします。

 

不倫や浮気といった不貞行為は、いろいろなご事情によるものと思います。

請求をされると自分自身に負い目を感じてしまい、精神的にも重荷を感じることでしょう。

 

不貞行為(不倫)をした場合、一般的には民法の不法行為に該当し、慰謝料の支払義務が生じます。

交際した相手が既婚者であることを知らなかった場合でも、知らなかったことについて過失があれば慰謝料を支払わなければなりません。

ただし、不貞行為時にお相手の婚姻関係が破綻状態にあった場合は、この限りではありません。

 

慰謝料の相場には大きな幅があり、諸事情を総合的に考慮されて決められます。

 

慰謝料請求を受けた場合、早急・適切な対応が必要です。

迅速に対応していれば示談できたのに、慰謝料請求をそのままにしてしまったため裁判になってしまうケースもよくあります。

対応を誤ると、過剰な要求をのまなければいけなくなったり、生活上支障が生じたりするリスクもあります。

特に相手方に弁護士がついている場合には、なるべくお早目に弁護士にご相談ください。

札幌で慰謝料請求をされたら弁護士にご相談ください。
弁護士への無料相談

当弁護士事務所は、不貞行為に基づく慰謝料請求案件について、豊富な実績があります。

弁護士の都合が合えば、当日のご相談も可能です。

ご予約いただければ夜間・土曜日のご相談もできます。

セカンドオピニオンのみでご来所いただいても、全く問題ありません。

お気軽にご相談ください。

 

弁護士への無料相談は以下の【無料相談フォーム】からご相談ください。

(フォームからのご相談は土日も含め24時間対応(受付)しております。)

 

【弁護士法人高須法律事務所】

(札幌弁護士会所属)

予約受付TEL 011-522-9950

 

 

不倫慰謝料請求についてお問い合わせいただいた後は、一般的には以下の流れとなります。

 

ホームページからのお問い合わせ

弁護士からの回答

(ここで終了する場合もあり)

面談

初回無料・多くはこちらで終了)

ご依頼

(必要があれば)

 

ご相談例

・既婚者と交際し不倫慰謝料を請求された。

・慰謝料を請求されたが、高額でとても払えない。

・独身だと聞いて付き合っていた人が実は結婚していた。

既婚者の会社の同僚と関係を持ってしまった。

・既婚者同士で付き合ってしまった(W不倫の関係になってしまった)。

・請求された慰謝料を少しでもいいから減額してほしい。

・慰謝料は払うつもりだが、分割にしてほしい。

・弁護士から内容証明郵便で慰謝料を請求されている。

・慰謝料請求訴訟を起こされてしまい、裁判所から訴状が届いた。

・マッチングアプリで知り合った妻(もしくは夫)のいる人と関係を持ってしまった。

・婚活アプリで出会った人と交際したら弁護士から慰謝料請求を受けた。

・出会い系サイトで知り合った既婚者と関係をもった。

・慰謝料の税金について知りたい。

・相手方の弁護士と怖くて話ができない。

・不倫したことで弁護士から請求の電話がかかってくる。

・いわゆるコロナ不倫がばれてしまった。

・コロナウイルスの影響で給料が減り、慰謝料が支払えない。

・慰謝料請求されそうなので早めに弁護士に相談しておきたい。

・弁護士に慰謝料の妥当な金額を教えてほしい。

・ダブル不倫だが、自分の夫/妻にはバレずに解決したい。

・パパ活をしていたら相手の奥さんから慰謝料請求された。

・不倫相手やパパ活相手から手切れ金を請求されている。

・不倫相手の妻/夫から直接会って話をすることを要求されている。

・相談した別の弁護士の言うことが本当か確認したい。

・弁護士に依頼しているがセカンドオピニオンを聞きたい。

etc.

慰謝料請求訴訟をされたら
慰謝料請求訴訟

訴訟を起こされた場合

交際相手の配偶者から訴訟を提起された場合、すぐに対応する必要があります。

まずは相手方の「訴状」に対する「答弁書」を速やかに作成し、裁判所に提出しなければなりません。

何もせずにそのままにしておくと判決が出されてしまい、給与差押等の強制執行を受けることもありえます。

裁判手続には専門的な点が多いため、早めに弁護士にご相談ください。 

慰謝料請求の通知書を受け取ったら
慰謝料請求の通知書

通知書等が届いた場合

相手方弁護士もしくは相手方本人から内容証明郵便等で慰謝料請求をする書面(通知書や請求書など)が届いた場合には、何かしらの回答をする必要があります。

特に弁護士からの通知書であれば、回答をしないと訴訟提起されてしまう可能性が高くなります。

早期円満な解決のためには、初動が大切です。

このような書面を受け取ったら、お早目に弁護士にご相談ください。

回答用の書面作成のみも承っております。

慰謝料の相場
慰謝料の相場

慰謝料の相場

不倫慰謝料(不貞行為慰謝料)の相場には大きな幅があります。

交際に至った経緯、交際状況、双方の生活状況等をはじめ、様々な要素により決定されます。

慰謝料の相場が分かっていないと、相手からの過大な要求をのまなければならない状況にもなりえません。

詳細については、早めに弁護士にご相談いただき、相場観を持ったうえで対応した方が良いでしょう。


当事務所について


札幌の弁護士事務所
札幌の弁護士事務所

弁護士事務所概要

弁護士法人高須事務所は、札幌市営地下鉄東西線「西11丁目駅」から徒歩2分です。裁判所にも近く、裁判手続前の打合せもしやすい場所にあります。

弁護士費用
弁護士費用

弁護士費用

初回のご相談料は無料です。

2回目以降のご相談は5500円(税込)となります。

弁護士と委任契約をいただいた後は、ご相談料は発生いたしません。

慰謝料解決事例
慰謝料解決事例

解決事例

弁護士法人高須法律事務所では、慰謝料問題について、請求する側、請求される側のいずれも多数の実績があります。解決事例も多く、豊富な経験に基づいたアドバイスが可能です。

ご相談・お問い合わせ
ご相談・お問い合わせ

ご相談・お問い合わせ

ホームページからの無料相談は、以下の無料相談フォームをご利用ください。

ご来所相談(初回無料)をご希望の場合も、同じフォームから日程調整のご連絡をいただくか、お電話でご予約ください。


不倫・不貞行為・浮気の慰謝料請求をされた場合の裁判例などについては、以下のページをご参考にしてください。

※お知らせ※ 2020.8.12

東京地方裁判所を含め、裁判の審理は全国的に概ね再開されています。

(札幌地方裁判所は通常通り毎週審理が行われていますが、東京地方裁判所は隔週で審理が行われているようです。)

なお、審理の方法については電話会議システムや書面による審理手続がなされるなど、通常の手続(出廷しての弁論準備手続等)とは若干異なる方法で進められることが多いです。

ご依頼者様には弁護士より進行状況についてご連絡させていただいているとおりです。

ご不明な点やご不安な点がある方などは、遠慮なく当事務所までお電話いただきますよう宜しくお願いいたします。

※お知らせ※ 2020.7.10

札幌地方裁判所における裁判は概ね審理が再開しておりますが、東京地方裁判所における裁判の多くはまだ審理が再開しておりません。

ご依頼者様には弁護士より進行状況についてご連絡させていただいておりますが、ご自身の進行状況について詳しく知りたい方やご不安がある方などは直接事務所までお電話いただきますよう宜しくお願いいたします。

※お知らせ※ 2020.6.18

 ホームページより新規のご相談を多数いただいており、ありがとうございます。

ご相談件数が多く、弁護士からの回答にお時間を頂戴しております。

早々の回答をお待ちかとは思いますが、ご質問後まだ回答をお受け取りになられていない方は今しばらくお待ち願います。

 

裁判所から訴状が届いたり、弁護士からの通知書を受け取られた場合など、至急のご来所相談を希望される場合にはお電話でご連絡いただきますよう宜しくお願いいたします。 

※お知らせ※ 2020.6.17

コロナウイルスの影響で裁判所が5月いっぱいはほとんどお休みでしたが、6月からは裁判手続も感染対策を施したうえで期日が開かれるようなっています。

当裁判所にご依頼いただいております方につきましては、裁判の進行につきましては個別に都度ご連絡させていただいておりますが、ご自身の案件の最新の進捗等をお知りになりたい方は、直接弁護士までご連絡ください。

 

※お知らせ※ 2020.6.10

コロナウイルスの影響もあるかと思われますが、6月に入ってから不倫・浮気の慰謝料請求について相手方弁護士からの内容証明を受取られたとのことで多数の新規の方からのご相談をいただいております。

特に夕方と土曜日のご相談を希望される方が多く、これらの時間帯のご予約枠はかなり埋まってしまっております。

弁護士からの内容証明等の回答期限は短いことが多く、早期のご相談を希望される方が多いことと思います。

平日の日中はまだ空きがございますので、ご相談をご希望の方は日中の時間帯でのご相談をご検討いただければ幸いです。