慰謝料相場

慰謝料の相場
慰謝料の相場

(慰謝料について、以下やや専門的に述べますが、実際のご相談の際にはもっと簡単な言葉でご案内しますので、ご安心ください。)

 

判例・通説によれば、慰謝料は被害者に生じた精神的損害を填補するものであり、その額は精神的損害の大きさによって決まります。

しかし、填補されるべき精神的損害は、その性質上金銭による評価が困難ないし不可能なものであるため、実際には、裁判官が口頭弁論に表れた諸般の事情を斟酌して裁量によりその額を定めます。

算定にあたって考慮されるべき事情に制限は無く、被害の程度などの被害者側の事情だけではなく、加害者側の事情も入ります。

具体的には、被害の程度、加害者・被害者双方の年齢、学歴、職業、収入、社会的地位といった事情や、不法行為の動機や経過等、多岐にわたります。

また、判例によれば、裁判官は数学の算定根拠を示す必要はなく(大判明治43年4月5日民録16・273)、原告の請求にあたってその額を明示する必要はない(大判明治34年12月20日刑録7・11・105)とされています。

(以上、不法行為法〔第3版〕(有斐閣・吉村良一著)より引用)

慰謝料の妥当な金額
慰謝料の金額

このように、慰謝料の金額は裁判官の裁量に任され、その認定が著しく不相当であり経験則または条理に反するような事情が無い限り、上告審でも原判決が破棄されることはありません(最判昭和38年3月26日裁判集(民)65・241)。

 

一般的に、弁護士を通して慰謝料請求がなされる場合には300万円~600万円程度の請求がなされることが多いと言えます。

なお、精神的な損害である慰謝料のみを請求される場合もあれば、それに加えて調査会社や探偵に依頼した際の調査費用を含めて請求されることもあります。

また、訴訟手続に移行した場合には、当初の請求額に加えて請求額の10%相当額を弁護士費用として併せて請求されることが多いと言えます。

 

不倫慰謝料に強い弁護士への相談
不倫慰謝料に強い弁護士に相談するなら

一般的に裁判で認められる慰謝料の金額は、相手方が離婚した場合で150万円~300万円、離婚しなかった場合で100万円~150万円ですが、個々の事情によってはこの範囲から外れることもあります。

裁判になった場合の相場を前提に和解交渉をすることになりますが、交際相手に対する求償権を放棄するかどうかによって大きく変わってきます。

求償権を放棄することを前提とした和解になると、上記の金額からさらに半額程度まで下げられる可能性も出てきますが、やはり個別の事情や当事者の意向にもよります。

詳しくは弁護士にご相談ください。

 

 

不倫慰謝料の考慮要素

慰謝料の妥当な相場
慰謝料の相場

判決における慰謝料の金額は、様々な要素が総合的に考慮されて決められます。

個々の事案ごとに異なってはきますが、一般的な考慮要素については【慰謝料の要素】をご覧ください。

具体的な示談の金額

慰謝料で示談する際の妥当な金額
慰謝料の示談金額

具体的な示談の金額はケースバイケースとなりますが、大きく左右するのは請求をする方の感情です。

これは、金額だけではなく、誠意をもって謝罪することとするのか、将来に向けて連絡を取り合わないような約束を入れるのかといった、示談の条項(示談内容)によっても大きく変わってくることですので、交渉にあたっては慎重な配慮が必要になります。

解決事例

慰謝料の解決事例
慰謝料の解決事例

当事務所は、慰謝料問題に関して1000件以上の相談実績があり、経験に基づいた解決案のご提案が可能です。

解決事例につきましては【解決事例】をご覧ください。

無料相談をご希望の方は、以下のフォームからご相談ください。