慰謝料請求が認められなかった事例

慰謝料が認められなかった事例

不倫慰謝料に強い弁護士
不倫慰謝料の請求をされたら

 

慰謝料請求が認められるためには、交際相手が既婚者であると認識していたか、この点について故意・過失があったかという点が問題になります。

故意とは、簡単に言うと既婚者であることを知っていてあえて関係を持ったような場合です。

過失とは、知ることができたにもかかわらず、よく確認もしないで関係を持ってしまったような場合です。

本来は故意・過失の立証責任は請求する側にあるのですが、実際に訴訟になった場合には請求する側である原告の主張は簡単に認められてしまう傾向にあり、故意・過失がなかったという点については被告が反論しなければいけないケースがほとんどとなります。

関係は持ったものの慰謝料が認められなかった裁判例としては、以下のようなものがあります。

 

東京地方裁判所 平成29年10月12日判決

19歳の男性に対する慰謝料請求につき、知り合った経緯や交際期間、交際態様、被告の年齢・社会経験などに照らし、交際相手が未婚であるかを調査すべき義務があったということはできず、被告の不法行為責任は認められないと判断された事例。

 

東京地方裁判所 平成28年2月17日判決

元ホストの妻から元AV女優の女性に対する不貞行為に基づく慰謝料請求につき、交際に至った経緯や交際状況等から被告には妻の権利を侵害する認識(故意)を有していたとは認められず、非難されるべき落ち度(過失)があったとまでは認め難いとして、被告に不法行為が成立することはないと判断され請求が棄却された事例。

 

不倫慰謝料の請求が信義則に反し権利の濫用として許されなかった事例

不倫慰謝料に強い弁護士
不倫慰謝料の請求をされたら

自分自身も不貞行為をしているにもかかわらず、配偶者あるいは元配偶者の不貞相手について慰謝料請求をすることはできるのでしょうか。

裁判例では「自ら不貞行為をし、その後も背信行為を継続していながら、他方において、相手方らの不貞行為については、これを自己に対する法益侵害として損害賠償を求めることは、信義誠実の原則に反し、権利の濫用として許されないというべきである。」などと判断されています(東京地方裁判所平成18年2月14日判決)。

夫婦間の未成年の子からの慰謝料請求が認められなかった事例

不倫慰謝料に強い弁護士
不倫慰謝料の請求をされたら

夫婦の一方と肉体関係を持ち同棲するに至った第三者は,夫婦間の未成年の子に対しても不法行為責任を負うことになるのでしょうか。

この点については、最高裁において判決が出されています。

(最高裁判所昭和54年3月30日)

 

同判決によると、「妻及び未成年の子のある男性と肉体関係を持った女性が妻子のもとを去った右男性と同棲するに至った結果、その子が日常生活において父親から愛情を注がれ、その監護、教育を受けることができなくなったとしても,その女性が害意をもって父親の子に対する看護などを積極的に阻止するなど特段の事情のない限り、右女性の行為は未成年の子に対して不法行為を構成するものではないと解するのが相当である。」と判断されており、第三者は未成年の子に対して不法行為責任は負わず、慰謝料の支払義務はないこととされています。

 

もっとも、一方の配偶者に対しては同判決においても、「夫婦の一方の配偶者と肉体関係を持った第三者は、故意または過失がある限り、右配偶者を誘惑するなどして肉体関係を持つに至らせたかどうか、両名の関係が自然の愛情によって生じたかどうかにかかわらず、他方の配偶者の夫または妻としての権利を侵害し、その行為は違法性を帯び、右他方の配偶者の被った精神上の苦痛を慰謝すべき義務があるというべきである」と判断されています。