不倫慰謝料請求に対する弁護士への回答書

慰謝料に強い弁護士
不倫慰謝料請求されたら

不倫慰謝料(不貞行為慰謝料)の請求を弁護士から受けた場合、通常は請求書(通知書を受領した後1週間~2週間程度での回答を求められることが多いといえます。

 

しかし、日常生活や仕事の関係等で、すぐに弁護士に相談できなかったり回答を検討することが難しかったりする場合が多いかと思われます。

そのような場合には、相手方の弁護士に書面で「近日中に弁護士に相談をする予定ですので、改めて連絡します。」と連絡すればよいです。

請求者本人の意向にもよりますが、少なくともその書面を送付してから2週間程度は返事を待ってくれるはずですので、その間に弁護士に対応を相談すればよいでしょう。

なお、ご自身にとって不利になることもありますので、電話で連絡することは避けた方がよいでしょう。

また、弁護士に相談するまでは、内容については何も触れない方がよいでしょう。

具体的には、以下のような書面を送付すればよいでしょう。

 

 

不倫慰謝料請求してきた弁護士に対する回答書の例

連絡書(回答書)

 

●●殿代理人

弁護士●●殿

 

ご連絡いただきました件につきましては、近日中に弁護士に相談する予定です。

弁護士に相談後に改めて書面で回答させていただきますので、いましばらくお待ちいただきますようよろしくお願いいたします。

 

令和●年●月●日

(氏名) (印)